シェアハウスとアパート・マンション賃貸との違い

住居スタイルが違う

寝室について

シェアハウスにはドミトリーという1つの部屋を複数の人で使用するタイプと、個室タイプの2種類があります。

共有部について

賃貸のアパート、マンションであれば通路、階段、入り口、駐車場と自分の部屋の外に共有部がありますが、シェアハウスは玄関、廊下、リビング、キッチン、トイレ、バスルームなどが共有部となります。
この共有部が他の居住者と共同で使用する場所になります。

掃除について

この共有部は通常、オーナーさん、または管理会社が定期的に清掃をします。
シャアハウスによりその頻度が変わるため、共有部の清潔度合いが異なります。

共同生活でのルールーがある

シェアハウスは共同生活になるので騒音を考慮し入浴、洗濯時間に請願がある場合があります。
また、ゴミ捨てが居住者の当番制の場合もあります。

入居期間の違い

賃貸のアパート、マンションの場合は2年以上が一般的(2年以下の場合は違約金が発生)ですが、シェアハウスの場合は最短1か月間の物件があります。

初期費用・賃料が違う

契約形態が違う