シェアハウスとは?その意味について

シェアハウスの意味

シェアハウスとはキッチン、リビング、キッチン、トイレ、洗面所、バスルームを共用部と呼び、居住者みんなが共同で使用します。
また、自分の部屋(寝室)は個室タイプとドミトーリータイプの2種類があります。
ドミトリーとはひとつの部屋に複数のベッドがあり、間仕切りなどない分、個室タイプより家賃が安いことが特徴です。

シェアハウスの人気の秘密

リビング、キッチンなどの共用部があることで他の居住者とのコミュニケーションを楽しむことができます。
また、居住者が外国人の場合もあり語学を身に着けたい方や、国際交流を楽しみたいかにも人気です。

初期費用が安い

アパートやマンションの賃貸に住む場合は初期費用として敷金、礼金、仲介手数料など結構高い費用がかかりますが、シェアハウスの場合は物件によってはそれらの初期費用が掛からない場合があります。
また、アパートやマンションの賃貸では保証人が必要になりますが、シェアハウスでは物件によっては保証人が不要な場合があります。
さらにsシェアハウスでは水道光熱費は共益費として使用料に関わらず毎月定額である場合が多いです。
ですからシェアハウスは費用の面で気軽に住めるという特徴があります。

家賃が安い物件も多数

ドミトリータイプのシェアハウスの場合は都内でも3万円台の格安物件もあります。

シェアハウスに住むには

シェアハウスに住むにはポータルサイトにアクセスをして希望の住所、家賃、間取りなどから条件検索をして物件を探します。
また、空室状況も確認することができます。
希望の物件が見つかったら、問い合わせ、内覧希望の連絡をします。
内覧とは住む前にその物件を見に行くことです。
ポータルサイトの掲載されている部屋の写真と実物の雰囲気が異なる場合がありますので、契約前に内覧をされるかことをお勧めいたします。